Unity 認定開発者コースウェア

基礎的なスキルを磨く・強化する、または認定試験対策として基礎的なスキルを身に付ける・高めるのに、Unity を用い、ゲームを作る方法を習得しましょう。

プレビュー

Unity 認定開発者コースウェア

教育機関には、Unity 認定開発者コースウェアおよび試験をおすすめします。アカデミック向け料金設定に関しては こちらからご連絡ください。

個人の受験者について、認定開発者試験の受験資格は、2018年末までに新しい認定資格を導入するにつれてますます狭まるでしょう。開発者試験を受験する予定がある方は、今後の試験日程のカレンダーをチェックしていただくか、お住まいに近いテストセンタパートナーをお探しください。認定開発者コースウェアは、この移行にあたり入手可能になります。

その他の質問がある場合、認定開発者 FAQ をご覧ください。

30 日間

コースウェアのアクセス・パス

$50

(VAT を除く)
スタンドアローン購入

Unity 認定資格対策に限らず、純粋にゲームの作り方を学ぶという目的においてもこのコースウェアは役に立ちます。

要点に焦点を合わせる

コースウェアでは、Unityを使ってゲーム制作に欠かせない基礎的なスキルを中心に取り組み、 Unity 認定開発者試験の対策準備にすぐ入れます。また、Unityでゲームの作り方を学ぶための常設の独習プログラムを探しているなら、これは素晴らしいソリューションになるでしょう。

スキルを磨く・強化する

ビデオ教材が豊富な教育コンテンツで、初心者にとって重要なコンセプトをカバーし、ゲーム設計とコーディングスキルを伸ばすのに役立つ、初心者のためのガイド付きの段階を追って学べるコースを提供します。すでにある程度の経験がある方なら、特定のトピックだけ拾い読みしてスキルを伸ばしたり、知識がない箇所だけを補強するという使い方もできます。

Unity でゲームを制作する

第三者視点でプレイするクラシックなサバイバルスタイルの 3D アーケードゲーム『Zombie Toys』を作成すると、Unity を使ったゲーム制作手法をエンドツーエンドで習得できます。アセットのインポートからスクリプトの動作、FX 攻撃の構築やパブリッシュまで、必要なすべてのゲーム開発のタスクを実行しながら、実践的に習得します。

成功に必要なすべてがここにあります

20 チャプターからなる、動画を豊富に含む学習コンテンツ(199 動画、約 19 時間*)

『Zombie Toys』ゲームプロジェクトのすべてのエクササイズファイルと、Unity で開発を進めるために必要なアセット

*ビデオの再生時間。本コースウェアプログラムをすべて完了するのに必要な学習時間は、概算で平均25 – 55 時間です。コースウェアを完了するのに必要な実際の時間は、すでにお持ちの Unity に関する知識と技能によって異なる場合があります。

初歩からパブリッシュまで ― ゲームの作り方を実践で学びます

第 1 章:Unity へようこそ

ビデオゲーム開発業界の概要を入手して、Unity 認定開発者コースウェアの使い方を習得します。

第 2 章:Unity ユーザーインターフェイスに触れる

Unity エンジンと Unity エディターの欠かせない部分についてよく知ることができます。

第 3 章:ゲームオブジェクトとアセットを使う

ゲームオブジェクトの作成、シーン構造の定義、アセットのインポート、スプライト操作について学びます。

第 4 章:プロジェクトとアセットの管理

Unity のプロジェクト管理機能を理解し、ゲームプロジェクトを整理します。

第 5 章:実装のためのアセットを準備する

3D コンテンツ制作のためのマテリアルを作成し、ベストプラクティスを学びます。

第 6 章:ゲームレベルを組み立てる

リジッドボディとコライダーについて、それらの動作や統合する方法について学びます。

第 7 章:ゲームのライティング

ライティングツールとプロセスを分析し、シーンの外観と雰囲気を作り上げます。

第 8 章:ゲームプロダクションにおけるライティングのベイク処理

ゲームを再生する前に、シーンの外観を最適化しながらライティングの視覚的な質を高めます。

第 9 章:Unity エディターでゲームオブジェクトをアニメーションさせる

キャラクターのアニメーションツールに触れ、ゲームレベルやステートマシンで使用するアニメーションを作成するプロセスを学びます。

第 10 章:ゲームにアニメーションを導入する

アニメーションのインポートオプションについて説明して、ゲームプロジェクトでアニメーションデータを管理する方法について学びます。

第 11 章:ゲーム開発におけるスクリプティング

用語の学習、ソースコードの検証、スクリプトの種類の特定などプログラミングの基礎を学び、独自のコードを書いてみましょう。

第 12 章:ナビゲーションと経路探索の実装

経路探索や障害物回避などナビゲーションの基本を学び、ゲームプロジェクトでナビゲーションメッシュをベイクします。

第 13 章:プレイヤーとその味方を作成する

プレイヤーとその味方を作成し、ゲームでそれらの行動を制御する方法を学びます。

第 14 章:敵を作成する

敵を作り、敵の行動を設計し、ゲームで敵を管理する方法を習得します。

第 15 章:パーティクルシステムを作成する

プレイヤーの使う 4 つのユニークな攻撃機能を作成し、ゲームで複数のパーティクルシステムを管理する方法を習得します。

第 16 章:ゲームレベルにオーディオを追加する

ゲームにオーディオを統合、オーディオコンポーネントをミキシングし、オーディオエフェクトを実装します。

第 17 章:カメラとプレイヤーの選択システムを構築する

ゲームカメラを設定し、プレイヤーが選択する行動を絞り込みます。

第 18 章:ゲームのためのユーザーインターフェイスを設計する

さまざまな UI コンポーネントを理解し、ゲームのユーザーインターフェイスを設計します。

第 19 章:ゲームをビルド・デプロイする

ゲームのビルドプロセスを理解、Unity Cloud Build オプションに触れ、ビルド設定を構成します。

第 20 章:モバイル向けにデプロイするための準備

モバイルプラットフォーム、配信オプション、モバイル公開のゲーム設定を最適化する方法を学びます。

トピックの詳細な一覧について、 Courseware Learning Outcomes をご覧ください。

コースウェア要件

注記:Unity 認定開発者コースウェア『Zombie Toys』ゲームのプロジェクトは、Unity 5.3.4 以降のバージョンが必要です。コースウェアのゲームプロジェクトファイルとアセットは Unity の旧リリースでは正常に動作しません。

Unity を検索

We use cookies to ensure that we give you the best experience on our website. Click here for more information.