Unity 認定開発者になる

学校やトレーニングセンターに最適です。Unity 認定開発者になることは、ゲームでキャリアを築く第一歩です。この認定試験では、ゲーム業界における基礎的な Unity 開発スキルに関する知識が試されます。

開発者認定資格を取得する お問い合わせ
Unity Certified Developer

Unity 開発者認定証の有効期限が近づいていますか?

業界の需要に応える新しいプロフェッショナルの専門知識

この夏、Unity は 2 つの新しい認定試験を開始します。 Unity 認定プログラマー and Unity 認定 3D アーティスト. プログラミングやアートに特化したスキルを持つ Unity プロフェッショナルとして自己を確立したい場合は、これらの新しい認定試験は頼りになります。何よりも、Unity エキスパート認定試験同様、ピアソン VUE ネットワークを通じて世界中の 5,200 を超えるテストセンターで利用できます。認定資格の再取得も簡単になりました。

Unity Certified Programmer
Unity Certified 3D Artists

人材市場でアピールしよう

ゲーム業界でスタートしたばかり、あるいはまだ学生であろうと、Unity 開発者認定を取得すれば、競争の激しい市場で人目に付く履歴書を書くことができます。

認定資格を取得すると、検証可能なデジタルバッジが送られます。このバッジは、他社と共有可能で、オンライン認定証明として機能します。履歴書や大学の願書に含めたり、ウェブサイトやブログ、E メールフッターに表示したり、Unity Connect、LinkedIn、Facebook、Twitter などのソーシャルネットワーク上で共有することができます。認定資格は、2 年間有効です。 詳細については、認定開発者 FAQ のページをご覧ください。

  • 試験範囲
  • Unity 認定開発者コースウェア

試験範囲

認定試験トピック

Unity 開発者認定試験では、試験範囲に含まれる 16 のトピックから 100 問が出題されます。回答形式には、複数選択、ホットスポット、ドラッグアンドドロップ、マッチングがあります。 制限時間は 90 分で、合格ラインは 70% です。

認定試験のトピックに関する詳細は、試験範囲の概要をご覧ください。

試験対策として Unity 認定開発者コースウェアを受講しよう

必須ではありませんが、試験対策にはコースウェアを推奨します。

Unity 認定開発者コースウェアは構造化されており、Unity 開発者認定試験で出る範囲の内容を網羅している教材として対策用に最適なオンライン学習プログラムです。実際の操作と教育ビデオを合わせて、Unityでゲームを作成するプロセスを分かりやすく説明しているゲームプロジェクトベースのエクササイズです。

Unity 認定開発者試験

Unity 認定開発者試験は、Unity の認定テストセンターパートナーを通じて受験できます。お知らせ:新しい認定試験を導入し、新たに世界に展開する配信ネットワークに移行するにあたり、2018 年末までに認定開発者試験の受験機会は縮小していきます。

開発者認定試験を受けるには、インストラクターまたは学術機関に相談するか、最寄りのテストセンターパートナーにお問い合わせください。

EducationReseller の料金設定も入手できます。

他の Unity 認定試験を見てみる

Unity を検索

We use cookies to ensure that we give you the best experience on our website. Click here for more information.